ゼロの本

世界中の言葉のカケラを 集め

音で出来た本を 作り 

音で出来た本を片手に海中へ沈んだ島へ 行き

眠った古代の言葉のカケラを すくい上げ

音の本へと 刻み込み 

マグマの熱を使って 

世界の言葉をゼロにした本を完成させ

無言で 本の1ページを浜辺でゆっくりとめくり

本に書いてある言葉を 読み上げようとした瞬間

海に虹が 出た

「綺麗だ」と ページをめくった男は言った

男は本を捨て 虹をじっと見つめていた

Photo×Poem: Mitsunobu Inaba